全身脱毛中の禁止事項を把握しよう

毛抜きで抜くのは厳禁

全身脱毛はすぐに終わるわけではありません。そのため、しばらくはムダ毛と付き合っていく必要もあるのですが、その際には毛抜きで抜いてしまわないよう注意が必要です。ムダ毛が気になり、つい抜いてしまいたくなるかもしれませんが、抜くと施術の効果が半減します。なぜなら脱毛に用いるマシンは、ムダ毛があってこそ効果を発揮するからです。多くの脱毛器は、体毛に含まれるメラニン色素と反応を起こすことで脱毛ができるという仕組みであり、毛抜きで抜いてしまうと反応が起こりづらくなるために、せっかくの脱毛効果が弱まってしまいます。また、毛周期の乱れを引き起こすのも、施術の効果を下げる理由のひとつです。もしムダ毛が気になるようなら電動シェーバーを用いて、優しくケアを行うようにしましょうね。

保湿を万全に行うことが大切

脱毛中はしっかりと保湿を行うようにしましょう。肌は目に見えないバリアによって守られていますが、施術によりバリア機能が破壊されてしまいます。すると乾燥をしがちで刺激に弱くなりますし、毛嚢炎やシミなどの肌トラブルが起こりやすくなってしまいます。特に全身脱毛の場合は、体の各部位に施術を行いますので、色々な場所がデリケートな状況に晒されがちです。保湿を疎かにすると肌トラブルに悩まされたり、施術がストップしたりしますので注意しましょう。なお、肌が敏感な状態となるため、刺激のあるコスメでの保湿は避けた方が無難です。肌への負担になりにくい低刺激かつ軽めのテクスチャーの物を選び出し、優しい保湿を心掛けるようにしましょう。